カテゴリー
カジノ

うる せいや つら パチンコk8 カジノ目の前にある「ヨドバシ梅田」にたどり着けない! 大阪駅“ダンジョン”の攻略ツイートが話題に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

うる せいや つら パチンコk8 カジノ目の前にある「ヨドバシ梅田」にたどり着けない! 大阪駅“ダンジョン”の攻略ツイートが話題に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

うる せいや つら パチンコk8 カジノ目の前にある「ヨドバシ梅田」にたどり着けない! 大阪駅“ダンジョン”の攻略ツイートが話題に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

沖 ドキ a タイプk8 カジノ

浜松 10 円 スロット なぜ「ヨドバシ梅田」にたどり着けないのか――JR大阪駅の中央北口を出て、道路の向かいにある商業施設「ヨドバシ梅田」までのルートを図解したツイートが話題だ。目の前に見えているのにどう行けばいいのか分からない! と苦しむ人が続出している理由と最短ルートを提案している。

 ヨドバシ梅田はJR大阪駅から大通りを挟んで徒歩1分の目と鼻の距離にあるが、隔てる道路に横断歩道がないため、地上からは簡単にたどり着けない構造になっている。歩道橋を渡って回り道を試みても、降りる階段を見落としたり、歩行者の密集地帯が待ち受けたり――と「難関」が続いている。

photoヨドバシ梅田の公式サイトより。JR大阪駅から徒歩1分の距離だという。

 図解の中では、駅付近の地下通路が「実は最短ルート」と提案。梅田の地下は「ダンジョン」と呼ばれるほど複雑なため、慣れない人には選択しにくいルートだが、地下からの“攻略”が最も簡単なようだ。

 作成者のRigさん(@poco67)は、図解を作成した理由を「私自身、迷ったことがあって、きっと同じ所でつまずいた経験がある人は多いはず!」と話す。ツイートは24時間で3万回以上リツイートされており、「初見にはハードモード」「悪意しか感じない」「地上でも地下でも迷子になる」「やっと謎が解けた」などの声が集まっている。

photo仮想通貨カジノパチンコj 開幕

カテゴリー
ブロックチェー

ビンゴ 5 クイック ピック 当たるk8 カジノOracleデータベースのサポートが無期限延長可能に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

ビンゴ 5 クイック ピック 当たるk8 カジノOracleデータベースのサポートが無期限延長可能に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

ビンゴ 5 クイック ピック 当たるk8 カジノOracleデータベースのサポートが無期限延長可能に仮想通貨カジノパチンコパチスロ マルハン

中古 スロット 店k8 カジノ

北斗 の 拳 けん おう スロット 日本オラクルは11月9日、データベース製品に関する「Standard Product Services」を見直し、無期限のサポートを提供開始することを明らかにした。対象となるのは「Oracle9i Database Release 2」以降の各エディション。かつてメインフレームが担っていたような基幹業務では、システムの計画的、かつ長期的なライフサイクル設計が求められており、そうした顧客の声にこたえるのが狙い。

 24時間、365日の技術サポートを提供しているStandard Product Servicesでは、障害対応やパッチの新規作成が提供される「フルサポート」と、フルサポート期間終了後も障害に対する問い合わせや既存のパッチ入手が可能な「アシスタンスサポート」がある。いずれもライセンス価格の22%を年間料金として支払うことで受けられる。通常サポート料金の30%増しになるが、フルサポート期間終了後も引き続き同等のサービスを受けられる「延長メンテナンスサポート」(EMS)も用意されている。

 今回は、フルサポートが5年、アシスタントサポートは3年、さらにEMSは無期限へと、それぞれの期間を延長し、より高いレベルのサポートを提供する。

徹底したe-ビジネス化で顧客満足度向上

 この日、日本オラクルではサポートサービス本部長を務める保科実常務執行役員がプレス向けのブリーフィングも行った。同社のサポート事業の売り上げが全体に占める比率は、2001会計年度の20%強から一貫して高まっており、今年5月末に締めた2004会計年度では約320億円規模まで成長、比率も40%近くにまで達している(全体の売上高は約830億円)。

 「オラクルはサポートサービスも徹底して、e-ビジネス化を進めている。顧客からの問い合わせを詳細に蓄積・解析することで、問題解決の迅速化はもちろん、予防的な保守も実現している」と保科氏は話す。

 また、同氏によれば、顧客からの問い合わせの約70%は製品の機能や使用方法に関するもので、その半数強、つまり全体の35%強は公開済みのナレッジによってスピーディーに問題解決できるという。Oracle internet Support Centerでは現在、約4万件のナレッジベースが構築されており、顧客はもちろん、サポートパートナーらからの問い合わせを処理している。こうしたe-ビジネス化により、問い合わせの半数は当日のうちに問題解決されているほか、サポートサービス契約数は年々増加しているにもかかわらず、問い合わせ件数は減少傾向にあるという。

 今年7月上旬には、「サポート・パートナー・プログラム」も国内で独自に立ち上げている。パートナーとの協業を通じて顧客満足度を向上するのが狙いだ。e-ラーニングを通じてサポートエンジニアの育成も図っているという。

仮想通貨カジノパチンコフィットネス サッカー

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ エルドアカジノ k8 カジノ カジノ バカラ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap